遺品整理やお墓の移動など終活関連情報│葬式準備の流れを紹介

改葬手続きの流れとして

墓

先祖のお墓参りに欠かさず行っている方は多いと思います。しかし、そのなかには墓の場所が自宅から遠くて困っている方もいると思います。そのようなお悩みをお持ちの方には、お墓の引越しをおすすめします。近くの霊園に移すことで、気軽にお墓参りに行くことができます。霊園を決めるときはインターネットが便利です。インターネットで自宅から通いやすい霊園を決めてください。霊園が決まれば、そこを訪れて受入証明書を発行してもらいましょう。これは霊園側が受入を認めたという形になります。これを発行してもらうことが引越しの第一歩となります。これを手に入れることができれば、次は各自治体が発行している改葬許可申請書にお墓の情報を記入して、申請するといいでしょう。申請には印鑑が必要なので、必ず持っていくことが大切です。申請が下りたら自治体から改葬許可証というものが発行されます。これは行政手続きを経て、正式に引越しの許可が下りたということなので、この発行を以って改葬が可能になります。しかし、注意しなければならないことがあります。まず、この申請書と許可証のやり取りは、遺骨1体ずつだと決まっています。そのため、1つのお墓に複数の遺骨が入っており、それを全て引越しさせるとなると、それぞれに申請書を提出する必要があります。また、自治体によっては永代使用許可書の発行を求められることがあるので、それらの詳細を事前に調べておく必要があります。これらを全ての許可が下りたら、いよいよお墓を引越しさせることができるのです。