遺品整理やお墓の移動など終活関連情報│葬式準備の流れを紹介

葬式準備の前に決めること

ロウソク

お葬式の準備は早急に始める必要があります。親類が亡くなる前後から、葬儀屋と連絡をとっている方は千葉に多いとされています。葬式の準備は、できるだけ早い方がいいようです。親類が亡くなったという情報を拡散する必要があり、参列者の数などを想定して、予算を決めることが大切です。また、喪主を決めることも大切です。喪主はお葬式全体を取り仕切る役であり、葬儀屋は基本的に喪主と相談しながら、葬式準備を進めていきます。喪主を誰にするか、千葉在住の親戚間でよく話し合っておきましょう。喪主が決まれば、いよいよ具体的な葬式の構成を考える段階になります。

最も重要な決め事は、そもそもどこでお葬式を挙げるのか、という点です。葬儀屋と相談しているからといって、必ずしも葬儀場で挙げる必要はありません。予算を節約したいという方や、故人の愛着がある千葉の自宅で葬式を行なう方は、多いとされています。葬儀の場所が決まれば、次は遺体の病院からの搬送先を決める必要があります。自宅で葬式を行なう場合は、そこに直行すればいいでしょう。しかし、葬儀場で挙げるときは、一旦は自宅まで遺体を運ぶのか、それとも葬儀場に直行するのか、ということを決める必要があります。搬送先に遺体を安置した後は、遺影を作製するようにしましょう。基本的に生前の写真のなかで、お葬式にふさわしいものを選ぶことが大切です。喪主が選べないのであれば、いくつか候補を考えておいて、そこから葬儀屋と相談して決めてもいいでしょう。写真は葬式用に画像加工をする必要があります。加工は葬儀屋が行なうことが多いとされています。そもそもお葬式プランに、この画像加工が加われていることがあります。しかし、綺麗な写真を添えてあげたいと考えている方は、千葉にある写真屋に依頼するといいでしょう。