遺品整理やお墓の移動など終活関連情報│葬式準備の流れを紹介

荷物整理は業者におまかせ

作業用手袋

葬式後の遺品整理は、それを専門にしている名古屋の業者に任せるといいでしょう。遺品の取捨選択やゴミの分別などを行なってくれます。また、遺品を捨てるのではなく、業者に買取ってもらって整理代を割引してもらうこともできます。

Read More

プライバシーを守るために

ダンボール

芦屋にある遺品整理業者は、生前から遺品を整理することをおすすめしています。というのも、自分が眠りについた後に親族に遺品を整理されるのは嫌だ、と感じている方が増加しているからです。最近は、終活という言葉が頻繁に使われるようになりました。どのような形でお葬式をあげてほしいのか、死後の自分をどう扱ってほしいのか、ということを主張することが活発化しています。その一環として生前整理があるようです。人によっては所有物で、親族にも見られたくないものはあると思います。このような物の整理を生前にやっておくことで、誰にもプライバシーを侵されることなく、安心して眠りにつくことができます。このような生前整理は所有物が多い人ほど、自分一人で行なうのは困難です。そのため、できるだけ遺品整理業者に依頼することが大切になります。もし骨董品などを数多く所有している場合、ご老体ではそれを買取り業者に売りにいくことは、体力的に難しいかもしれません。本当に大切な骨董品だけを残して、あとは遺品整理業者に任せておきましょう。整理業務は買取り業務も行なっているので、自分で買取り業務の店頭まで行かずとも、自宅にないながら骨董品を整理することが可能です。また、芦屋の整理業者は自分史の編纂のお手伝いを行なっています。自分史は自らが生きてきた軌跡を、歴史書のように整理して編集する書物です。自分が体験した出来事を頭のなかで整理できるので、認知症予防の効果もあるかもしれません。何より、自分が生きてきた人生を再認識する契機になるので、終活の一環になります。

改葬手続きの流れとして

墓

お墓を引越しする霊園が決まったら、そこで受入証明書を発行してもらいましょう。その後は、自治体から改葬の許可が下りれば、改葬許可証が発行されます。これは1つの遺骨につき、1つの許可書が必要なので注意が必要です。

Read More

葬式準備の前に決めること

ロウソク

お葬式の準備は早い方がいいので、まずは千葉の親族間で話し合って、喪主を決める必要があります。次に、そもそも葬儀をどこで行なうのかを決めて、お葬式まで安置する遺体をどこに搬送するかを決定します。

Read More